腸内フローラと食事の関係

腸内フローラと食事の関係

エクオール,サプリ

様々な人の腸内フローラは人それぞれに異なる様相を示しています。
同じ年代の人だとしても、ビフィズス菌がとてもたくさんいる人もいればあまりない人もいます。
これはその人が食べている食事の内容であったり、日常体験しているストレス、健康状態等の生活環境が非常に複雑に関わってきているのです。

 

ここで説明するのは食事と腸内細菌の関係です。
結論を先に言いますと、肉類の過剰摂取は悪玉菌を増やす原因になってしまうということです。

 

この事実は、野生の虎、狼のような肉食の動物の腸の中には悪玉菌であるウェルシュ菌が非常に多く生息していて、人やさる、とり、ネズミなどの雑色性の動物はどれも善玉菌や日和見菌で腸内フローラを形成しているのが普通です。

 

この事実は雑食性の動物である人間にとって、肉食中心の食事内容というのは、決して腸内フローラにとって良いことではないということがわかると思います。